阪本整体院

阪急曽根駅→38系統 桃山台駅行きバス
地下鉄桃山台駅→38系統 阪急曽根行きバス
阪急バス「熊野町1丁目」バス停スグ徒歩1分!

住 所
大阪府豊中市熊野町4-2-51エミネンス北伊102
営業時間
9:00〜21:00

膝が痛くて床から立ち上がれないあなたへ~大阪府豊中市の整体~

大阪府豊中市阪本整体院の阪本です

本日もブログへの訪問ありがとうございます

膝が痛くなるとしゃがむ時に痛くてしゃがめなくなってしまうといった悩みを
持つ患者さんは多くおられます。

ですが膝が痛くなってから一度しゃがんでから立ち上がる事が
出来なくなってしまったと訴える患者さんも実は結構おられます。

なぜ膝が痛くなると立ち上がる事が出来なくなってしまうのでしょうか?

皆さん口をそろえて筋力不足と言われますが、本当にそうでしょうか?

今までは普通に立ち上がれていたのに突然立ち上がれなくなるほど筋力は
衰えるものでしょうか?

本日は膝が痛くなると立ち上がる事が出来なくなるのか?ということをお話していきます

床にしゃがむと立ち上がる事が出来ない原因とは?

いきなりですが、筋力不足のせいで立てなくなっている訳ではありません!

当院に来られる患者さんでよく訴えてくるのが膝が痛くなってから立つ事が出来なくなったという事ですが、筋力ってそんなに突然落ちたりしますかね?

ずっと寝たきりなどであれば話はまた変わってくるのでしょうが、膝が痛いなりにも
生活されていた人が膝が痛くなって多少動く量が減ったところで
立ち上がれないほどに筋力が落ちるなんて事は常識的に考えてありえません。

これは立ち上がれないのではなくてあなた自身が立ち上がりたくないと
頭の中で無意識に考えてしまっているのが原因なんです。

膝が痛くなる前の立ち上がり方出来てますか?

膝が痛くなってから立ち上がり方が変化してしまった人ばかりでしょう

どう変わったのか具体的に説明します

痛くない時は素早く何も気にせずに立ち上がっていたと思いますが、一度でも膝の痛みを
感じてしまうとこの何も考えずに早く立つといった事が出来なくなってしまいます。

ではどんな立ち方になってしまうのか?

その立ち方とは膝をかばいながらゆっくりと立ち上がろうとしてしまう事です

早く立ち上がろうとすると勢いも付くので実は体全体を使って立つ事が出来るのですが、膝の痛みを気にしてかばうせいでゆっくり立ち上がろうとするようになるので足の力だけで立ち上がらなけらばならなくなってしまいます。

一度椅子に座ってからでもいいから試してみて下さい
ゆっくり立ち上がる方が早く立ち上がるより力が必要で疲れますよ

筋肉に常に力を入れているので硬くなってしまっている

筋肉は正常に伸び縮みすることによって100%の力を発揮する事ができます

しかし普段の生活の中で膝の痛みをかばう為に異常に力を入れて生活していませんか?

例えばこのような状態ではないでしょうか?

椅子から立ち上がる時に痛みを気にして何かに捕まって立ち上がる

椅子に座る時も位置を確認しながらゆっくり腰を下ろしている

歩くときに膝を曲げてゆっくり歩いている

下の荷物を取る時も膝に手を付いてゆっくりしゃがむ

寝返りの時も力を入れてゆっくり動く

寝ている時も常に力が入っている

このようなことを生活のいたるところでやっていませんか?

これをしてしまうと足の筋肉が休まる暇がなくなってしまいます

そして筋肉は常に緊張して硬い状態になってしまうのです

硬くなった筋肉は錆びついたバネと同じです

バネが錆びつくと縮まなくなるので上に押し上げる力も出なくなってしまいますよね

筋肉もそれと同じで硬くなり伸び縮みが出来なくなっているので
正常な動きが出来ずに力が発揮できない状態になっているんです。

つまり筋力不足が原因で足に力が入らないのではなく筋肉の柔軟性がなくなってしまっているのが足に力が入らないと感じるもう一つの原因なんですね。

硬くなった筋肉を緩めてあげましょう

ここまでで筋肉が硬くなってことで立ち上がりが出来なくなってしまっているという事を
お伝えしてきましたが、ここからはどうしていけば筋肉が柔らかくなってくるのかについてお話していきます。

筋肉を温めてあげましょう

シャワーではなく湯舟に浸かり筋肉をしっかりと温めてあげて下さい

温める事で血流は良くなり筋肉は少し柔らかくなります
この時に膝の周りの筋肉を痛くない範囲で軽くマッサージしてあげると効果的です

冷やすと逆に血流は悪くなり筋肉は硬くなってしまいます

痛みをかばう動きや日常生活動作を見直して下さい

痛みをかばってゆっくり動く事で足の筋肉に負担がかかり筋肉は緊張してしまいます

そうならないようにも、痛くなかった頃の自分を出来るだけイメージして
脱力を意識して動作を少しでも早くしてあげるようにしていきましょう。

その他にも生活の癖姿勢などでもあなたの知らない間に膝周りの筋肉に
負担をかけている事があるのでそちらも平行して見直していくようにしていきましょう

片足に体重をかける癖がある

膝が曲がり歩幅が狭くゆっくり歩いている

猫背や反り腰など姿勢が悪い

座る時に足を組んで片方のお尻に体重をかけてしまう

つま先重心で立ったり歩いたりしている

こういったところを特に重点的に見直してみて下さい

まとめ

膝が痛くなると足に力が入らなくなり立ち上がれなくなったと感じるのは
筋力不足でもなんでもありません。

早く立ち上がると痛くなりそうで怖いと言う気持ちが無意識に働き立ち上がりたくないと思ってしまい立ち上がり動作に自分でブレーキをかけてしまっている事と
筋肉が硬くなり力が発揮できなくなっている事が原因です。

筋肉を緩めてあげながら自信をもって早く立ち上がる練習を少し続やってみて下さい
そうすることでどんどん立ち上がり時の恐怖が消え立てるようになってきますよ

 

もっと詳しく知りたい方はこちらをクリックしてみてください

 

 

 

 

  • 豊中の半月板損傷
  • 豊中の変形性膝関節症
  • 豊中の膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

10月5日までの期間限定

施術1回 通常 10,000

今なら 初回限定

2,980

毎日、1名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

なおYouTubeに関する質問に個別にお答えする事はできませんで
例)〇〇の治し方を教えてください
 〇〇はどうすればいいですか?
こういった電話はご遠慮下さい。

06-7164-2722 YouTube 動画の質問は受け付けておりませんのでご了承ください。 06-7164-2722 YouTube 動画の質問は受け付けておりませんのでご了承ください。

営業時間 午前9:00〜21:00

阪本整体院

住所
〒 560-0014
大阪府豊中市熊野町4-2-51エミネンス北伊102
アクセス
阪急曽根駅→38系統 桃山台駅行きバス
地下鉄桃山台駅→38系統 阪急曽根行きバス
阪急バス「熊野町1丁目」バス停スグ徒歩1分!
代表者
阪本直人
電話番号
06-7164-2722 YouTube 動画の質問は受け付けておりませんのでご了承ください。 06-7164-2722 YouTube 動画の質問は受け付けておりませんのでご了承ください。

営業時間
9:00〜21:00

ソーシャルメディア

LINE ID
@hya5113c
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP